ディスポ鍼 I’SSHIN の特長 - ディスポ鍼 I’SSHINの株式会社いっしん|株式会社いっしん

治療家のこだわりを形にしました。ディスポ鍼の精度の追求と徹底した品質管理

  • 操作の良さと安定感の両立 当たりと安定感を極めた太丸鍼管

    ディスポ鍼I’SSHINの特長は鍼と鍼管のバランスの良さです。
    繊細な鍼先の動きをサポートするのが独自の鍼管です。
    肉厚で内径の狭い太丸鍼管が柳葉型の鍼の操作性を引き立てます。

  • 操作の良さと安定感の両立 当たりと安定感を極めた太丸鍼管

    厳選されたアメリカ製のステンレスを使用。
    各サイズの太さに形成した素材を直接輸入し、機械研磨することで、常に均一な鍼尖を実現しています。

  • 操作の良さと安定感の両立 当たりと安定感を極めた太丸鍼管

    刺入の際の抵抗と体感を考慮し、番手により鍼先の角度を変えています。
    番手の違いからくる操作性の違和感をなくし安定した治療をサポートします。

  • 操作の良さと安定感の両立 当たりと安定感を極めた太丸鍼管

    全工程において安心と安全を追求した信頼の鍼です。
    加工された鍼は3度にわたる超音波洗浄を経て出荷されます。製品化の後は、定期的に厳しい検査を行っています。

HELIO社との連携で生まれた信頼の品質。

米国で20年以上に渡りディスポ鍼のトップブランドとして認知されているHELIO USA。

中国工場任せの中国製ディスポ鍼が多く流通するアメリカ市場の中で、唯一、品質や材質にこだわりを持って鍼を製造している会社です。

HELIO社では、アメリカディスポ鍼の創始者リチャード・クウ監修の元、
材料のステンレスをアメリカ国内で調達し、サイズまで形成した後に中国の工場で仕上げるという特徴的な生産スタイルによって、こだわりの鍼を作り上げています。

そのHELIO社と株式会社いっしんが連携して生まれたのが「ディスポ鍼I'SSHIN」。

日本よりも厳しいアメリカのFDAの基準をクリアしているだけでなく、
さらに日本の検査機関でもチェックすることで、より信頼性の高い製品に仕上がっています。

HELIO USA http://www.heliomed.com/

パッケージデザインにもこだわりました。鍼治療のイメージを変える患者目線のパッケージデザイン

これまで日本で目にする鍼製品のパッケージは、無地に商品名が入っているだけといった極々シンプルなデザインがスタンダードでした。

はじめて患者として治療室に入ったとき、鍼のパッケージがワゴンの上に置いてあるのを見て、まるで注射器を見たときのように「今からこれで刺されるのか…」と身構えてしまいました。

そんな体験から、視覚からも患者様に安心していただき、鍼治療に対して少しでも親しみを持っていただけるようなポップなルックスのパッケージの鍼があっても良いのでは?と考えるようになりました。

鍼灸院のインテリアも居心地の良さを重視したサロンのようなおしゃれな治療空間が多くなってきている今、これまでのスタンダードにとらわれず、医療用具のイメージからは逸脱したパッケージにしました。

そこに置いてあるだけで治療室が明るく和む。パッケージがそんな役割をしてくれることを願っています。

動画でもご紹介しています。ご覧ください!
ディスポ鍼I'SSHIN鍼の特長とは?
ディスポ鍼I'SSHIN鍼の特徴とは?